okayasu blog

整える

f:id:itsumiokayasu:20180129125037j:plain

身の回りを整えないといけない状況に差し掛かっています。

目の前には予想もしてなかった壁がいくつも立ちはだかって、壁の目の前でうーんと考える日々。あれとこれを整えて、こっちを綺麗にしておけばクリアできる!よっしゃ!と壁を勢いよくぶち破ったら、目の前にはさっきのより少しだけ高い壁が出てきたり。人生ってそんなに甘くないことはわかってるけど、思ってたよりも面倒で手間がかかるなあと思う最近です。(明確にかける時が来たら、書きたいと思ってます。もう少しどうなるかわからない状況です)

固定費高すぎ問題

いろいろ整える一環で固定費の見直しをしています。

1.家賃

都内独身一人暮らしに比べれば圧倒的に安いと思う。たぶん底値レベル。京都では普通よりちょい安くらいでしょうか。故に改善する必要なし。

2.携帯代

どう考えても携帯代が飛び抜けて高い。何でこんなに高いんだろう。昔って高くても5000円くらいだったよね?って話を同世代の人とよくします。

そんなこんなで数ヶ月前から格安スマホの調査を始め、昨日ソフトバンクを解約し、UQmobileを契約してきました。

億劫だったMNP予約番号取得や、新規契約までの道のりは全て店頭で行うことですんなり終わりました。MNPをネットでやろうとしたら結局電話しろと指示されるし、自分でやるのめんどくせ…となってたけど、お店の人に頼んだら合計で1時間くらいですべてが完了。めんどくさいと思ってお店に行って、本当に良かった。

自分の契約プランや端末の割賦残やらを把握していたのもよかった。ソフトバンク店頭で「契約切り替え期間ってご存知ですか?」と開口一番に言われてげんなりしたけど、自分の契約情報わかってますよってことを明確に伝えたら、無駄な営業もなくすんなり作業してくれました。

機種は手持ちのiphone6Sのまま、SIMのみ契約。バッテリーがおかしくなってきたらバッテリーだけアップルストアで変えてもらう予定。SIM解除したし、3月アメリカ行ったときはSIM差し替えて使ってみようと思う。(SXSWはいかに情報収集できるかがカギなので、現地ではネット必須)

これで本当に安くなるのか、とドキドキしています。

3.Adobe

ここ数年フォトグラフィープラン(Lightroom+Photoshop=月1000円)と、イラレのみ契約して毎月3000円ほどの支出となっていました。Lightroomはないと生きていけないけど、イラレは突発的に必要になるからという理由で契約してますが、内心もったいないなあと思ってます。2ヶ月に1度使うか否ってときもざらなので。昨年の秋ごろからフルセットで契約してるけど、その頻度を把握してどうするか決めなきゃな…。

▼利用頻度:高

Lightroom

▼利用頻度:中

Photoshopillustrator

▼利用頻度:低

Indesign、Premire、Adobestock

利用頻度低の利用率を上げて月額使用料の満足度を上げるのがカギになるか。

4.こまごました月額契約もの

アンテナの売り上げも上がってきたので会計ソフトfreee、noteの月額契約もの、など細かい契約類もこれを機に見直したい。去年契約して一番使っているのはNetflixで、満足度高め。これくらい自分を満たせるものでないと月額契約する意味ない、という基準がNetflixのおかげでできた気がする。

小さなことからこつこつと、とか言うけど

雑な性格なので、こつこつ積み重ねるのが苦手です。なので小さな支出をこれまでおざなりにしていたのは事実…。年額で計算するとえらい額になったのでぞっとしました。否応なしに、自分の財布の中を見直すきっかけがあって今回よかったなーと思っています。

自分の現状を理解する作業をするとすごく爽快ですね。直視したくない問題は、直視した方がうまくいく場合が9割なので、ちゃんと直視する2018年にしたい。そして今年は貯金したい。小さなことから改善していければよいなと思います。ブログに書くと頭が整理されるので、これからも雑記程度に書いていきますのでよろしくお願いします。

 追記

 ちょっと前にTLが沸いていた#わたしのサブスクや

今日は元オバケの松倉さんとかもサブスクについて書いてたけど

note.mu

このあたりも、自分の固定費見返すきっかけの一つでした。人のサブスクって結構面白かったんですよね。その人がどこにお金かけてインプットしているのかがわかるから。(私の固定費話は、サブスクなさすぎて思いついたネタですが…)これ見た人の固定費とかサブスクも教えてほしい。教えてください。

 

 

instagramでほぼ毎日これまでに撮影してきたライブ写真をアップしています。ぜひご覧ください!

www.instagram.com

■京都からカルチャーを発信するウェブマガジン・アンテナを運営しています。これまで書いた記事はこちら

kyoto-antenna.com