習慣の話

f:id:itsumiokayasu:20180118132434j:image

けんすうさんのnoteを読んで、いろいろと考えていました。

note.mu

昨日のブログの続きではないけれども、何事も小さいことからスタートするのがいいのではと思っています。

「1日1本ブログ書く!」とか「ターゲットを決めて、その人に向けて毎日記事を書く!」とか「SNSでは人の役に立つポストだけをする」とか「毎日10回つぶやく」とか、ブログやSNS運用にはいろんな手法があると思うんですが、

ハードル高くしたらしんどいじゃん

って思うんです。

決めた目標を続けられないことにストレス、心の弱い自分にストレス、あの人はできているのに私にはなぜできない…という劣等感にストレス。このストレス類のはすごく無駄。自分で決めたルールに捉われて、辛くなって、結局何もできていない⇒そんな自分へのストレス…負の∞ループはこうやって始まるのだと思います。

いろんな人を参考にして目標を立てるも、うまくいかないことってありますよね。私もしょっちゅううまくいきません。それってたぶん、自分にフィットした目標じゃないから、なんだと思います。

似てると思っていても、一人一人中身は全く違う。考えていることも、見えている世界も違うので、他人の見ている世界が自分に100%フィットしていることなどないはずなんです。

習慣は挫折するのが難しい、というレベルまで落としてみるのがオススメ

なんでもいいんですが、例えば「プログラミングを一行は必ず毎日書く」といったふうな感じです。これが難しそうであれば、「プログラミングの本を1ページは必ず読む」でも「プログラミングの学習サイトをパソコンで開く」でもいいです。まだ難しいなと思ったら、それこそ「パソコンの前に座る」「パソコンに向かって一歩歩く」「パソコンの方を1秒見る」でもなんでもいいです。挫折するのが難しい、というレベルまで落としてみるのがオススメです。

エネルギーがない人が新しいことをはじめる時のコツみたいなやつ|けんすう|note

「できないかも」という恐怖心から、何かを始められない人もいると思うんですが、まずは自分にできそうなレベルにまで落としてみるのはいいと思います。私で言えば、インスタ1日1ポストそれにあたります。

毎日写真を撮っているわけではなく、基本的には過去に撮影したものを、ちょっとずつ出していく運用をしています。一回のライブでは大体50~100枚程度、提出カットがあるのでそのストックから1枚ずつ出していく、という感じです。なので私のインスタ運用には、常にストックがある状態。なので、「できないかも」「続かないかも」という恐怖は始める時点で全くありませんでした。

たぶん毎日写真を撮って、その日に撮った写真をアップする、というサイクルにしていたら、続いていなかったと思います。気分が向かない日や、うまく撮れない日、仕事終わりに盛大に飲みに行って写真を撮れない日も必ずあると思っていたからです。自分で続けるイメージができないプランで、何かを始めるというリスクの方が私は怖かった。

足踏みしている暇があったら、自分にできることから始めてみよう

目標ややりたいことがあっても、なかなか踏ん切りがつかない人もいると思いますが、「自分にできるレベルで」まず始めてみるのはどうでしょうか。1日でも早く習慣化できると、自信にもつながるはずです。

という感じで、身の回りの人のアウトプットがより増えたらいいなあという願望でこの記事を〆たいと思います。

 

instagramでほぼ毎日これまでに撮影してきたライブ写真をアップしています。ぜひご覧ください!

www.instagram.com

■京都からカルチャーを発信するウェブマガジン・アンテナを運営しています。これまで書いた記事はこちら 

kyoto-antenna.com