旅も目的

こんにちは、岡安です。(@itsumiokayasu

突然ですが私は4人兄弟の3番目です。兄が2人と、妹が1人います。そんな家庭で育ったこともあり、旅行が自分にはなじみがありません。(数少ない旅行は、幼少期のものでもかなり鮮明に覚えているほどです)どこで騒ぎ出すかわからない子供を4人も連れてどこかに行くなんて、難しいですよねそりゃ。大人になってやっと自分の家が遠出いない理由がよく分かった気がします。

 

その反動、でもないのですが、30を目の前にしてぴょいっといろんなところに行くようになりました。振り返ると今年に入ってからコンスタントに旅行に出ているなあと。年明けの台湾、3月には久々のオースティン、5月には香川~瀬戸内の島を駆け巡り、その後6月には琵琶湖の島もめぐりました。(仕事でなんですけど、やっぱそういう仕事最高ですね)

夏は苗場に始まり、能登沿線の山のてっぺんでの撮影が続き、

f:id:itsumiokayasu:20171013200836j:plain

そこから三田で自然の空気と音楽にたっぷりと触れて、

f:id:itsumiokayasu:20171013200837j:plain

翌日は妙見山へ乗り込み、(▼おしの先生と取材で、おしの先生を隠し撮りしたもの)

f:id:itsumiokayasu:20171013200838j:plain

f:id:itsumiokayasu:20171013200840j:plain

気が付けば香港行きの飛行機に飛び乗って4日間を過ごす。

f:id:itsumiokayasu:20171013200835j:plain

1人になると考えることも増えるので、いつもより頭を使った香港滞在からふらふらと帰ってきたかと思えば、サンダーバードに飛び乗って金沢へ。見たことのない金沢の景色に感化されつつ、

f:id:itsumiokayasu:20171013200832j:plain

その翌週はフリーとは思えないメンツが集まる伊丹のフェスに行ったりしていました。

f:id:itsumiokayasu:20171013201213j:plain

こんな仕事している人たくさんいるかと思いますが、歳をとるにつれて家が好きになってきている私にとっては、先週末までの旅は目まぐるしいものでした。頭の中での処理が追いつかないほど日々に追われていたので、インスタやブログの更新がまちまちになっていました。やっとブログ書けるくらいの余裕が出てきたので、日記を書いています。しばらくは京都でぼんやりしたいな、なんて思う。バランスって大事ですよね。おかげで風邪を引きました。

特に8月末からの怒涛の週末旅の影響で、毎日加圧靴下履いて寝ても筋肉痛が治らない、すごい肩凝りになるなど弊害も出始めております。身体のメンテナンスについて、考えなければならない歳になったなあと思います。

 

 旅について、思いをめぐらせたのはこの記事がきっかけです。

ontrip.jal.co.jp

旅自体が目的になることはない、ってこの記事を読んで気が付きました。

目的のない旅はやはり物足りなさを感じるし、旅をしているのに何が足りないのだろう?と思っていた時期もあったので、すごく腑に落ちた内容でした。この夏の旅も、香港を除けばすべて行く先々に仕事があって、それが仕事になっていたわけで。

マイルが貯まっていて、来月1500マイル失効するという連絡がきたので、またどこかに行ってこようかと思っています。下調べをしすぎず、自分の嗅覚に頼る旅を、久々にしようかと思います。

その前に香港日記書かなければ。

 

less than TV 25周年記念 写真集 「I ACCEPT ALL」に写真を掲載していただきました

こんにちは、岡安です。(@itsumiokayasu

 

はじめて、本に写真を掲載していただきました。

しかもそれがless than TV 25周年記念 写真集 ときたら、喜ばずにはいられません。

f:id:itsumiokayasu:20171007173823j:plain

 

ページの中ほどにあるニーハオ!の写真が載っています。これは2015年(かな?)のボロフェスタのときの写真です。

f:id:itsumiokayasu:20171007173830j:plain

 

less than TVの25年に及ぶハードコアな疾走の歴史は、振り返らずとも彼らのストレンジな生き様にザクザク刻まれている。 シーンの当事者としてレスザンファミリー(写真のプロ・アマ問わず)が撮影したおよそ10,000枚の写真の中から、「どうしようもなく”パンク”が漂う」シーンが焼き付けられた写真だけ(!?)を厳選してぶち込んだ、レーベル初の公式写真集。

less than TV オフィシャルサイトより

 

時代の目撃者である自覚と、それを残す者としての必然性みたいなもの、この掲載を通して知ることができました。これからも自分にしか撮れないものを追いかけていきたいと思います。

 

あー嬉しい。

ウェブでしか写真を発表したことがないので、一回は本を作るべきだと思いました。今期中に作れたらいいなあとぼんやり考えています。

 

私の写真を選んでくれたニーハオ!のみなさん本当にありがとうございます。この写真集に自分の写真を掲載できたことをとても誇りに思います。

 

今後とも、撮影のご用命があれば、お気軽にご連絡ください!

それでは!

 

instagramでほぼ毎日これまでに撮影してきたライブ写真をアップしています。ぜひご覧ください!

www.instagram.com

■京都からカルチャーを発信するウェブマガジン・アンテナを運営しています。これまで書いた記事はこちら

kyoto-antenna.com

 

最近のこと

こんにちは、岡安です。(@itsumiokayasu

気が付いたら9月が終わっていて、驚きが隠せないです。今年もあと2ヶ月…もうすぐで29歳になるとか、冬が近づいているとか。季節の変わり目は妙な焦燥感がありますね。

 

自分の記事に着手できてなさすぎるので、ここにまとめますが8月~9月は撮影でバタバタしっぱなしでした。また、おかげさまで年内の週末は撮影の予定埋まりそうです。(11月は少し空いてます)(平日は動けます!)写真展やったり、本を作ったりしたいのでスケジュールを調整しないとな…と思うのですが、自分のことが常に後回しになっている状況。そこらへんを年末までに調整したいなと思っています。

 

さて、先週末はアー写を撮ったAmia Calvaのレコ初がありました。いろいろと縁があってアー写を撮影させてもらった3バンドが集まった日。

f:id:itsumiokayasu:20171005181918j:plain

京都を中心とした西日本界隈で音楽と関わり続けるためにはどうしたら良いのか、私は今その方法を探っている過程にあります。

私の好きなバンド界隈を追いかけているカメラマンが不思議といなかったのでいろんなバンドを撮影できているのですが、心底ラッキーでタイミングがよかったなと最近よく思います。先輩カメラマンに、ちょうど空いてた席にすっと座れたよね、と言われてそれがすごく腑に落ちている感じです。あーほんと今京都いてよかった。

 

よく「写真忙しそうだよね、カメラマンとして独立しないの?」と聞かれるのですが、私が撮りたいのは、私がかっこいいと思うミュージシャンやパフォーマー、アーティスト、あとは私が面白そうと思うもののみなわけで。今のところ商業カメラマンは向いていないかな…と思ってます。自分が撮りたいもの、したいことは平日夜と、土日があれば今のところ事足りているので独立するという選択肢は今のところない感じです。

カメラマンであるためには、カメラを揃えることはもちろん、周辺機器を揃えるのもお金がかかります。そのへんを考えたら独立なんて、到底無理だと思うわけです。(経理の経験があるので、そこらへん余計に)

ヨッピーさんの記事とか読んで、そんな考え方に自信持つようになりました。もし独立するなら今の年収くらい稼げるようになってからでも全然遅くないとはおもってます。

https://www.buzzfeed.com/jp/narumi/yoppy-tsuribori?utm_term=.ihZM3pmLR#.dyadNpWqn

このまま自分のかっこいいや、面白いを貫いて、それが仕事になったら嬉しい。それが私の目指すところです。そういうお誘いをいただいたら俊敏に対応しますので、お声かけしてもらえたら嬉しいです。

 

Amia Calvaの企画から、だいぶ話が離れましたが…ようは私が撮ったこの3バンドはかっこよかったということです。私がアー写を担当しているバンドは良いバンドばかりなので、ぜひチェックして欲しいです。

この日の写真も撮ったので、またどこかでアップしたいと思っています。

 

明日は金沢。先月も行って、今月も!楽しみです。

それでは!

 

instagramでほぼ毎日これまでに撮影してきたライブ写真をアップしています。ぜひご覧ください!

www.instagram.com

■京都からカルチャーを発信するウェブマガジン・アンテナを運営しています。これまで書いた記事はこちら

kyoto-antenna.com

枝豆音楽祭(松ノ葉楽団ワンマンライブ)の写真をアップしました

こんにちは、岡安です。( @itsumiokayasu )

 

8月20日@拾得で行われた松ノ葉楽団企画『枝豆音楽祭』の写真をフェイスブックページにアップしました。

www.facebook.com

 

アンテナには載せないけど、撮りに行くライブが最近増えてきたので、個人のフェイスブックページを開設しました。インスタをビジネスアカウントに切り替えるのにもフェイスブックページが必要なので作るか悩んでいたところなので思い切って作った次第です。興味ある方がいたら、いいねしてもらえると嬉しいです。

https://www.facebook.com/itsumiokayasuphoto/

 

こういう写真のまとめ先を自分のサイトでするか、flickrでするか、インスタ一本にするか等々検討していました。ただサイトやflickrは孤島すぎて偶然の閲覧を得にくいなあと思っていて。まあそれはフェイスブックページも同じなのですが、今持ってるアカウントを活かせるのもFacebookだろうと思ったので、この形に着地。自分のサイトにはハイライト写真を載せて、このページに飛ばすよういしようかと。しばらく運用してみます。

 

ブログでもライブのハイライトをお届けします。

f:id:itsumiokayasu:20170923184202j:image

歌い手としてのケガニさん、本当に楽しそう

 

f:id:itsumiokayasu:20170923184213j:image

f:id:itsumiokayasu:20170923184225j:image

f:id:itsumiokayasu:20170923184455j:image

f:id:itsumiokayasu:20170923185213j:image

横顔が好きなので気付いたら全員の横顔撮ってました…

 

f:id:itsumiokayasu:20170923184245j:image

枝豆楽団の迫力たるや!

 

f:id:itsumiokayasu:20170923184251j:image

かんじょうさんの笑顔がとにかく素敵でした…

 

ケガニさんがフランスから帰ってきている間に怒涛のライブをこなしている松ノ葉楽団。何度か撮影したことがあったのですが、この日がぶっちぎりで楽しかったのは写真で伝わるかと思います。京都にこんなバンドがいるから、私は写真をやめられないのだよなあ。こんな夜を撮りこぼさないように、これからも草の根運動を続けていきます。

 

f:id:itsumiokayasu:20170923184905j:image

かんぱーい

 

それでは!

 

instagramでほぼ毎日これまでに撮影してきたライブ写真をアップしています。ぜひご覧ください!

www.instagram.com

■京都からカルチャーを発信するウェブマガジン・アンテナを運営しています。これまで書いた記事はこちら

kyoto-antenna.com

チェキが楽しい

こんにちは、岡安です。(@itsumiokayasu

 

私が普段運営しているサイト・アンテナがこの度リニューアルいたしました!

アンテナWebサイト、リニューアルのお知らせ | アンテナ

 

それに伴い新しくメンバーの写真を撮りました。今まではたかいしのイラストを使ってきていたのですが、メンバーの出入りも多くなってきたのでいつでも増産できるチェキで撮影を行いました。これがものすごく楽しかったわけで。 

f:id:itsumiokayasu:20170907003240j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170907003254j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170907003219j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170907003818j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170907003235j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170907003231j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170907003727j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170907003401j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170907003225j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170907003739j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170907003817j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170907003250j:plain

一旦みんなを白背景で撮影。フィルム写真ってそれだけで雰囲気出てよいですね。この撮影したあとは、この風合いに惚れ込んで、普段の写真もフィルム風にまとめたくなるようになるほどです。

シネマジプシー・ありとさんだけは白背景が似合わないかなと思ったので、その場で撮影。温泉宿感出た。 

f:id:itsumiokayasu:20170907003731j:plain

 

楽しかったので、オフショットもたくさん撮りました。

f:id:itsumiokayasu:20170906203629j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170906203609j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170906203631j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170907003746j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170907003340j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170907003718j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170907003214j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170906203630j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170907003316j:plain

 

▼みんなに可愛がられている20歳のひなぽん

f:id:itsumiokayasu:20170907003335j:plain

 

▼あざとい川合

f:id:itsumiokayasu:20170907003330j:plain

 

▼哀愁感

f:id:itsumiokayasu:20170907003308j:plain
f:id:itsumiokayasu:20170907003353j:plain

 

▼おしの先生をずっと撮りたかったのが叶いました!

f:id:itsumiokayasu:20170907003322j:plain

 

▼たかいしはいつだってフォトジェニック

f:id:itsumiokayasu:20170907003742j:plain

 

▼最後は可愛いかずーでお別れです。

f:id:itsumiokayasu:20170907003303j:plain

 普段何千枚とシャッターをきっているので、フィルムカメラの1枚の重みはいい緊張感があり、それが逆に楽しかったです。これを機にフィルムも始めたいなあ、なんて思います。チェキは人との距離が近く感じられたのがよかったな。こんな撮影もっとしたいので、今度チェキでいろんな人撮りたいなと思います。

そうだ、ぜひリニューアルしたアンテナもご覧くださいね!それでは!

 

instagramでほぼ毎日これまでに撮影してきたライブ写真をアップしています。ぜひご覧ください!

www.instagram.com

 

■京都からカルチャーを発信するウェブマガジン・アンテナを運営しています。これまで書いた記事はこちら

kyoto-antenna.com

香港に行きます

こんにちは、岡安です。(@itsumiokayasu)

9月1日~遅めの夏休みを取り、香港に行くことにしました。旅まで残り少ない期間ですが、いろいろ調べて旅行に臨もうと思っています。

 

「なんで香港?」

日も近づいてきたのでいろんな人に旅行に行くことを話しているのですが、決まって「なんで香港?」と聞かれます。きっかけはこのMV、ただそれだけなんです。でも何か行動するときの理由なんて、そんなもんじゃないかなあとも思います。

www.youtube.com

▼音読の連載でもそのことを少し書きました

www.otoyomi.com

 

旅の理由と目的

今回の香港旅行に際して、このブログやアンテナで記事を書きたいなーとぼんやり思っていたので旅の理由と目的をずっと考えていました。私が旅に出る理由は100個もないのですが、その中で3つの理由と目的を導き出しました。

 

1.音楽

音読の連載の中でも書いたのですが、私が自発的に旅に出る理由って『音楽』のみなんですよね。振り返れば馬鹿みたいに『音楽』だけ。ほんと、それ以外に何かないのかよって思うくらい『音楽』。

振り返ると私の旅は音楽がメイン。

過去3回行ったアメリカもすべてフェスのため。

結構な回数行った台湾でも、必ずライブハウスに足を運んでいます。

http://www.otoyomi.com/weekly/5577/

なので今回の旅にも『音楽』というトピックは欠かせません。

旅の目的となる香港の音楽事情については別記事でまとめようかと思いますが、少し掘っただけでも深刻な現状が浮かび上がってきて、なんとも言えない気持ちになっています。(そんな気持ちや知識の浅さ故に、まとめきれていないので、今は記事にできない状態です)

アメリカやイギリスに行けばいい音楽に出会えることは百も承知。そういうエリアに旅に行く時は、純粋に音楽との出会いを期待して、です。

世界の流れを作る音楽を自分の目で、耳で、きちんと確かめる傍ら、アジアのインディーシーンについての知識を深める。これが今の私の関心ごとのように思います。世界中のインディーシーンを見て回りたいってことか。そこらへんを若いうちに、速度を上げてやっていきたいなーなんてぼんやり考えているので、香港旅行はその一歩になるかと思います。

 

2.デザイン

アートではなく、デザイン。ここが大事です。

国によってDTPデザインに差があるのは、言語が違うから。日本語に適応できるかはさておき、旅行先で注目するのはデザインであることに最近気が付きました。家には台湾でゲットした大量の冊子やフライヤー、雑誌があります。台湾のデザインが好きなんですよね。

▼「Discover Japan Now」をテーマに掲げる『秋刀魚』という雑誌。デザインや切り口が好きな雑誌です。最新の香港で見つけた日本号ほしい……。

f:id:itsumiokayasu:20170822171237p:plain

qdymag.com

香港のデザインは現地で確かめてこようかと思います。まだ調べてないけど、有名な本屋とかあれば行きたいな。

 

3.食

食べるのが大好きなので、旅では惜しみなく食にお金を投下します。ただ、海外でやりがちなのは、頼む料理が地雷な確率が高いということ。お前、それなんで頼んだの?っていうのを選択しがちなのです。これ、どうにか今回の旅で打破して、おいしい香港旅をしたい……。

 

旅を記録すること

忘れっぽいので、何かしら記録をつけておかないとなと思っています。アジア旅行のお手本として出てくる柳沢さんを手本に、旅ノートとかつけてえ、と思っています。

spur.hpplus.jp

合わせてウェブ上での記録を付けること。どこにアップするかは未定ですが、旅終わりには旅日記書けたらと思っています。(ここに宣言しておいて、きちんと遂行できればと思う次第です)

 

 

instagramでほぼ毎日これまでに撮影してきたライブ写真をアップしています。ぜひご覧ください!

www.instagram.com

■京都からカルチャーを発信するウェブマガジン・アンテナを運営しています。これまで書いた記事はこちら → http://kyoto-antenna.com/author/itsumiokayasu/

身体を動かす、ダンスする。

こんにちは、岡安です。(@itsumiokayasu)

アンテナを始めてから音楽界隈以外の人たちともたくさん出会うようになりました。その1つがコンテンポラリーダンス

ちょうど一年前、お誘いいただいて見に行ったMonochrome Circusの公演は私の中で衝撃的な出来事として今でも記憶に刻まれています。

itsumiokayasu.hatenablog.com

 

京都はコンテンポラリーダンスが盛んな土地。友達の友達がコンテンポラリーダンスやってるなんてことも結構あります。(私だけ?)でも実際に見たのは一年前が初めて。頭をカチ割られたような気分でした。

 

岡安踊る

ひと月ほど前、アンサンブルプレイに参加されていたダンサーの板倉さんにお誘いいただき、コンテンポラリーダンスのレッスンを受けてきました。だいぶ前からお誘いいただいていたのですが、やっと!参加できました。

奥の方で体育座りしてレッスンを眺めている岡安と、

f:id:itsumiokayasu:20170818172445p:plain

ぎこちない動きが静止画からも伝わる岡安の写真がこちら(膝が曲がって不格好……)

f:id:itsumiokayasu:20170818172511p:plain

学生の頃って、よくわからず踊ってたと思うんです。体育祭、文化祭、流行りのMVの真似等々。見様見真似のダンスは、当たり前だけど人に見せるものとは全く違ったのだな、と。

ダンスは身体の構造や重みを意識し、見えないものをイメージすることなんだ、ということが体験を通してわかったことです。

 

このレッスンは初心者・初体験の人でも参加できるもの。行くまでは本当に不安で仕方なかったのですが、講師の野村香子さんの細やかな気遣いに救われながらレッスンを受けることができました。

 印象的だったのはレッスン冒頭のストレッチの一幕。

「肺のクッションに、心臓が乗っているイメージをしてください」という言葉。

これ、今寝っ転がれる環境にいる方はすぐにでもやってみてください。

 

 

どうでしょう。心臓を手に取れるような感覚になりませんか?(私だけ?)

これがすごーく気持ちよくて。もうこの瞬間から今日来て良かったとなったのはいうまでもありません。

 

身体を動かす手段としてのコンテンポラリーダンス

普段仕事に追われ、まともな運動ができていなかったこの頃。何をやっても効率が上がらず、ストレスのたまる日々を送っていました。作業のひとつひとつを見直して改善を試みても、なんだかうまくいかない。何が原因なのか、自分でも突き止められないまま時間に流されるように生活をしていました。

その合間にお誘いをいただいて、やってきたこのレッスン。普段はしない身体を意識すること、見えないものをイメージすること、そして身体を動かすこと。これが想像以上に自分に良い作用を与えてくれました。

翌日からなんだか頭がすっきり、黙々と仕事に集中できるできるようになったんです。適度な運動が有益なことはわかっていたけれども。ここまで効果があるとは。結構驚きで、目から鱗な体験となりました。

 

f:id:itsumiokayasu:20170818181355j:plain

 

身体の構造を意識すること、身体の内側の流れを感じ取ること。普段全く意識することのないことをして身体を動かすわけですから、当然頭も使う。床を這うように回る動作一つにしても、香子さんと同じようにいかない。見てくれの美しさよりも、まず動作を完遂できないことのもどかしさ……。そりゃあ脳も刺激されるはずだわ。

身体も固いし、手足も短いから格好はつかないかもしれない。でも楽しいなと思えたのは事実で、久しぶりに何かを始めるわくわくもあり、またやりたい!そんな気持ちがふつふつとわいてきております。

身体を動かす手段、なんてコンテンポラリーダンスのことを言って、様々な場所で活動されている方には失礼かと思いますが……頭と身体を使うコンテンポラリーダンスの魅力を、初心者なりに身をもって感じることができたので、この感覚を人に伝えたくこの日記を書いた次第です。見るだけじゃなくて、やってみるのも楽しい。コンテンポラリーダンスって本当に奥が深いなあなんてぼんやり考えながらその日は帰路につきました。

とにもかくにもお誘いいただいた板倉さん、本当にありがとうございました!(板倉さんはダンサーであり、かっこいいお母さんで、こんなお母さんだったらお子さんもぐれないよなーと思っていつもFBを見ております。すごく癒されています)

 

レッスンはこちら

コンテンポラリーダンス定期レッスン

https://www.facebook.com/コンテンポラリーダンス定期レッスン-1441363836171369/?hc_ref=ARRTjo-q6LytJV1e7-RXNtzqrj-6IILr2C3i9kJI-JCj1hSn_D2kfbOtp5JU0Ie3dF8&pnref=story

岡安のような、完全初心者にも丁寧に指導・アドバイスをしてくれるレッスンです。興味はあるけど踏み込めなかった人はぜひ参加をおススメしたい。

ひとつ前の記事でも載せましたが、アンテナでコンテンポラリーダンスビギナーの体験レポートも過去に作りました。こちらもあわせてご覧あれ。

kyoto-antenna.com

 

それにしても、ダンサーさんの所作は本当に美しくて、写真撮りたいってなってずっと思ってました。そのうちコンテンポラリーダンスを撮れるようになりたいな……職業病……

 

instagramでほぼ毎日これまでに撮影してきたライブ写真をアップしています。ぜひご覧ください!

www.instagram.com

■京都からカルチャーを発信するウェブマガジン・アンテナを運営しています。これまで書いた記事はこちら → http://kyoto-antenna.com/author/itsumiokayasu/